第二新卒っていつまで?第二新卒が転職するべき狙い目の時期とは

スポンサーリンク
第二新卒の疑問を解決 転職

「自分は第二新卒に含まれるの?」
「第二新卒としての転職したいけど、何年ぐらい会社に勤めるべきなの?」

そんな疑問をお持ちの方に向けて、「第二新卒の定義」と「第二新卒が転職するべき時期」について紹介します。

第二新卒の明確な定義はない

実は「第二新卒」の定義は、明確には定められていません。

一般的に第二新卒は「学校を卒業してから1~3年で就業経験があり、転職を希望している人」とされていますが、各企業によって第二新卒の解釈は異なります。

そのため、社会人経験が3年以上であっても第二新卒の対象になる場合もあります。

第二新卒に明確な基準はないので、年齢や社会人歴はそれほど気にする必要はありません。

第二新卒枠で気になる求人があれば、積極的に応募していきましょう。

とにかく第二新卒を考えるうえで大事なのは、「短期間でも社会人経験があること」です。

全く社会人経験がない場合は、「第二新卒」ではなく「既卒」に分類されます。

在職期間が1年未満でも第二新卒になる?

在職期間が1年未満であっても、「第二新卒」扱いになります。

紹介したように短期間でも社会人経験があれば「第二新卒」となり、在職期間が数ヶ月であっても数年であっても同じ「第二新卒」のくくりとして扱われます。

ただし、同じ第二新卒でも在職期間によって、転職のしやすさは変わってくるので注意が必要です。

第二新卒枠を狙うなら入社何年目で転職するべき?

転職タイミング

第二新卒は確かに転職に有利です。

しかし、第二新卒であれば在職期間に関わらず、簡単に転職ができるわけではありません。

第二新卒の転職は、勤続2~3年目の時期が狙い目

第二新卒として転職を行うなら、特に勤続2~3年目の時期が狙い目です。

そもそも、なぜ企業が第二新卒を積極的に採用するのかご存知ですか。

それは「社会人マナーを身につけた若手人材」を獲得するためです。

社会人経験があり基本的なビジネスマナーを身につけている第二新卒は、新卒のように一から教育する必要がなく早期の活躍が望めるため企業に重宝されます。

しかし、勤続期間が短いと新卒と大して変わらないとみなされ、第二新卒の強みが生かされないことも。

2~3年程度勤続を続け、社会人としてのマナーがしっかり身についたと判断される段階で転職した方が有利に働きやすくなっています。

勤続2年未満でも、転職が不可能なわけではない

第二新卒として転職するなら勤続2~3年目のタイミングが狙い目ですが、勤続2年未満であっても転職が不可能なわけではありません。

ちなみに、私は新卒入社から1ヶ月で退職をしましたが、書類選考の段階で全ての企業に落とされることはありませんでした。

ただし、あくまで勤続期間が短くても選考に通る可能性はあるということであり、簡単に選考に通るとは限りません。

内定を獲得するためには社会人としての基本的なマナーも大事ですが、ポテンシャルや人柄が重視され採用に至るケースもあります。



転職時期に困ったら転職エージェントに相談を

転職相談

転職時期に困ったら、転職エージェントに相談するのも一つの手です。

転職エージェントとは、求職者と企業を仲介し就職や転職支援を行うサービス。

キャリア相談をはじめ求人紹介や面接対策など、内定を獲得するために必要な就職サポートを受けられます。

特に第二新卒として転職を考えている方は、初めての転職でわからないことも多いでしょう。

転職時期も含めて、プロのコンサルタントに相談してみてはいかがでしょうか。

第二新卒の求人には積極的に応募しよう

第二新卒に明確な定義はなく企業によっても第二新卒の解釈は異なるので、年齢や就業年数はそれほど気にする必要はないでしょう。

第二新卒枠で気になる求人があれば、積極的に応募していきましょう。

また、転職の成功確率を高めたいなら、入社2~3年目の時期に転職を行うのがおすすめです。

社会人としての基本的なマナーが身についている時期であり、企業から評価が得やすくなっています。

もちろん、勤続2年未満でも、転職が不可能なわけではありません。

転職時期を含め転職に不安がある場合は転職エージェントも活用しながら、転職を成功させましょう。