【会社を辞めたいと悩んでいる新卒の方へ。】入社1ヶ月で退職した私が伝えたいこと

スポンサーリンク
会社辞めたい 仕事の悩み

仕事早く辞めたい。

でも、入社して数ヶ月で会社辞めるのはやばいよね

それに退職後のことも不安だし・・・

この記事を読んでいる人は、毎日そんなことばかり考えているのではないでしょうか。

私も新卒の頃は毎日「早く会社辞めたい」の嵐に襲われ、入社から1ヶ月ほどで会社を退職することになりました。

しかし、あんなに会社を「辞めたい」と思つていたのに、いざ会社を辞めると「なんで退職しまったんだろ」と考えることも多くなりました。

新卒で会社を辞めるのは、それなりにリスクもあるのです。

リスクを考えずに衝動的に退職してしまうと、私のように後悔することになるかもしれません。

新卒1ヶ月で退職した経験を基に会社を辞めたいと思った際に実践すべきことをまとめましたので、新卒での退職を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

仕事を辞めたら本当に幸せになれますか?

幸せイメージ

退職を考えるうえで初めに考えてほしいのが、「会社を辞めたら本当に幸せになれるか?」ということです。

毎日毎日会社に行くのが辛くて、会社を辞めれば幸せになれると思い込んでいませんか。

でも、よく考えてみてください。

転職することで、あなたが今抱えている悩みは本当に解消されますか。

新卒で会社を辞めて、転職が成功する見込みはありますか。

会社を辞めても次の就職先が見つからないなど、今とは異なる苦しみに襲われるかもしれません。

会社を辞めたいと思いだすと会社を辞めることだけに捉われてしまい、案外今後のことをしっかり考えられないもの。

実際に私は衝動的に退職してしまい、会社を辞めた後で後悔しました。

今後のことをしっかり考えず、「会社を辞めたい」という一心で行動するのは危険です。

まずは、退職後の未来を落ち着いて考えてみてください。

しっかり考えたうえで「退職が自分の幸せにつながる」と言い切れるのなら、新卒であっても退職の道を選ぶのもありでしょう。

間違っても衝動的に退職の道を選ぶのは辞めましょう。

新卒でも「会社を辞めた方が良い人」とは

新卒で会社を辞めるのはリスクも高いので、安易に退職の道を選ぶことはおすすめしません。

しかし、ケースによっては新卒でも退職をした方が良い場合もあります。

  • パワハラを受けている
  • セクハラを受けている
  • 法外な労働時間で働かされている など

上記のように誰が聞いても明らかに会社に非がある問題に悩まされている場合は、新卒でも会社を辞めた方がいいでしょう。

劣悪な労働環境で働いていても、自分にとってなんのプラスにもなりません。

それに、無理して働くことで心身に異常をきたしてしまうこともあります。

自分が潰れてしまう前に、ブラックな労働環境からさっさと抜け出しましょう。

新卒で「会社を辞めるべきではない人」とは

新卒で会社を辞めることがプラスに働くこともあれば、マイナスに働いてしまうこともあります。

特に次のような人は退職が失敗につながりやすくなっています。

  • 退職を考える理由が我慢できるレベルの理由である
  • 退職後のプランが明確ではない

退職を考える理由が我慢できるレベルの理由である

パワハラやセクハラなど耐えることができないレベルの悩みを抱えているのなら、心身が壊れてしまう前に退職をした方が良いでしょう。

ただ、会社に勤めていると人間関係や業務内容など、何かしらの不満が発生することは珍しくありません。

少し不満を覚えるたびに退職していると、採用担当者に「根性がなく短期間で辞めてしまう人」と思われ転職でも不利になりかねません。

また、人間関係や仕事に関する悩みであれば、部署異動などを行い退職しなくても解決できるケースもあります。

自分が抱えている悩みは退職しなければ解決できないのか、もう一度よく考えてみましょう。

退職後のプランが明確ではない人

退職後のプランが明確に決まっていないまま、「会社を辞めたい」という思いだけで衝動的に退職をするのは危険です。

転職活動の方向性が定まらず、なかなか次の就職先が見つからないことも。

また、明確な目的を持たずに転職してしまうと納得のいく転職ができず、転職しても結局は「すぐに辞めたい」と思うようになりかねません。

退職したにも関わらず、退職前と同じ状況に陥る可能性があるので注意してください。



新卒1年目で会社を辞めて就職できる?

就職

きっと退職を考えているみなさんが一番気になっているのは、「新卒1年目で会社を辞めて就職できるのか」と言うことではないでしょうか。

結論から言うと新卒1年目で会社を辞めても、就職はできます。

私は契約社員としてでしたが、退職してから1ヶ月以内に内定をいただくことができました。

ただ、こんなにスムーズに内定がもらえたのは、奇跡的なことだと思います。

訳あって内定を辞退し就職活動を続けていたのですが、1社に内定をもらった後は鳴かず飛ばずの状態。

書類選考の段階でお祈りを受けることも、たくさんありました。

転職の成功は個人の実力や会社との縁もあるため一概には言えませんが、新卒1年目での退職が就職に有利に働くとは言えないでしょう。

だからこそ、内定を得るためには計画的に転職活動を進めていく必要があります。

日頃から求人情報のチェックや、選考対策はしっかりやっておきましょう。

転職活動に不安があると言う方は、転職活動をサポートしてくれる転職エージェントに相談するのも一つの手です。

就職先に困ることがないよう、しっかりと準備を整えて転職活動に挑みましょう。

新卒での退職は計画的に行おう

新卒で「会社を辞めたい」と思ったら、まずは「本当に退職するべきなのか」じっくり考えてみてください。

特に仕事に不慣れな新卒の頃は、ストレスもかかりやすく「会社を辞めたい」と思うことも多いでしょう。

一時の感情に惑わされて誤った選択をしないように、退職するべきかじっくり考えてください。

考えたうえで「会社を辞める」決断をしたら、早期に転職活動を開始しましょう。

可能であれば仕事を続けながら転職活動をするのがベストですが、心身が壊れそうなほど追い詰められているのなら退職を第一に考えてください。

じっくり将来のことを考え、後悔しない決断をしてください。