ドライブインシアターを楽しもう。コロナ禍でも楽しめる注目のイベントとは

スポンサーリンク
ドライブインシアターを楽しもう遊び

いよいよ夏本番。

本来であれば海にフェスに花火大会にと楽しいことがいっぱいですが、コロナウイルスの感染拡大が続く今年は例年のような夏を過ごすのは難しそう。

しかし、イベントが続々と中止になる中、再注目を浴びているイベントもあるんです。

それが、「ドライブインシアター」。

車の中で映画が楽しめるイベントで、ソーシャルディスタンスを保ちながら楽しめまさに今の時代にぴったりのイベント。

最近では映画だけでなくお笑いイベントや花火をドライブインシアターで実施するなど、新たな形でのドライブインシアターも実施されています。

ドライブインシアターの概要や魅力を紹介するので、興味のある方はぜひチェックしてみてください。

「ドライブインシアター」で例年とは違う夏を楽しんでみてはいかがでしょうか。

ドライブインシアターって何?

ドライブインシアター

ドライブインシアターとはスクリーンが設置された駐車場に車を停め、車の中から映画を楽しむイベントです。

簡単に言えば野外上映映画という感じでしょうか。

車に乗ったまま映画が見れるので、他人と接触する心配もなく今の時期にぴったりなイベントです。

コロナウイルスの感染が広がる中でも楽しむために作られたイベントかと思いきや、実は日本では1990年代にも流行ったイベントだそう。

「新しいイベント」というより「懐かしいイベント」と感じる方もいらっしゃるかもしれませんね。

映画以外にもお笑いや花火が楽しめるイベントも続々開催

最近では、映画だけでなくお笑いや花火が楽しめるイベントも開催されています。

よしもとドライブインシアター

大阪の万博記念公園で開催されているのが、「よしもとドライブインシアター」。

2019年のM1王者・ミルクボーイをはじめジャルジャルや見取り図など人気芸人のネタが楽しめます。

そのほか、ゲームコーナーなども実施される充実のイベントとなっています。

花火と映画のコラボレーション

千葉県のロングウッドステーションでは8月29日に、花火と映画が楽しめる「Drive in THEATER with HANABI」を開催予定。

映画鑑賞だけに止まらない、新たな形のドライブインシアターが続々と誕生しています。



映画館では味わえないドライブインシアターならではの魅力

「ドライブインシアターは単に車の中から映画を見るだけのイベントでしょ」と思ったら大間違い。

ドライブインシアターでは、映画館ではできない映画の楽しみ方ができます。

声を出して映画を楽しめる

激しいアクションに声をあげたりコミカルなシーンで笑いたくなったり、映画を観ていて声をあげたくなることありませんか。

でも、映画館では、静かに鑑賞するのがマナー。声を上げるのはご法度です。

その点、車の中では周囲を気にする必要もなく、思いっきり声を出して映画を楽しむことが可能。

子供が騒いでも周囲に迷惑をかけることもなく、小さいお子様連れの方でも安心して映画を楽しめますよ。

飲食持ち込みOK

飲食をしながら映画を楽しみたいという人も多いですよね。

映画館でも飲食は可能ですが、飲食の持ち込みは禁止されていることが一般的。

売店にはお目当の飲み物や食べ物が売られてない、ということもあるのではないでしょうか。

自分の車の中で映画を楽しむドライブインシアターでは、もちろん飲食の持ち込み制限はありません。

テイクアウトしたお気に入りの飲食物や手づくりのお弁当など、好きなものを飲んだり食べたりしながら映画鑑賞が可能。

ドライブインシアターの会場でも飲食の販売を行っている場合があるので、その場で飲食物を購入することも可能です。

自由な態勢で楽しめる

リラックスした態勢で楽しめるのも、ドライブインシアターならではの魅力。

普通に座席に座って楽しむだけでなく、シートを少し倒して足を伸ばしたり、シートをフラットにして寝ながら映画を楽しむこともできます。

ドライブインシアターの注意点

注意点

ドライブインシアターを目一杯楽しむために、注意点を確認しておきましょう。

チケットは事前に購入を

チケットは事前購入制となっていることが多くなっています。

チケットの買い漏れがないように、チケットの販売期間はしっかりと確認しておきましょう。

また、チケットは車1台につき1枚必要となります。

1人につき1枚のチケットが必要な訳ではないので、間違えないように注意してください。

車高が高い車は後方での鑑賞になることが多い

ドライブインシアターは映画館のように座席が指定されているわけではなく、先着順で入場を行うのが一般的です。

つまり、早く来ればスクリーンの近くで映画やイベントが楽しめるということです。

ただし、車高の高い車は後ろの方の鑑賞を妨げる恐れがあるため、入場順に関わらず後方に案内される場合があります。

車高が170cm以上の車は後方に案内される可能性が高いので注意してください。

FMラジオが必須

ドライブインシアターではFMラジオで音声を受信して、映画やイベントを楽しみます。

そのため、FMラジオが搭載されている車が必要。

車にFMラジオが踏査されていない場合は、FMラジオ機器を用意しましょう。

ドライブインシアターを楽しもう

コロナウイルスの感染拡大により、生のエンタメに触れる機会も少ない昨今。

ソーシャルディスタンスを保ち安全に楽しめるドライブインシアターで、映画やイベントを楽しんでみてはいかがでしょうか。